引っ越しの挨拶で注意した方がいいこと

最近は、近所とのお付き合いが希薄になっているので以前のように引っ越しの挨拶をしなくなっています。家族数が少なくなり単身者の世帯が増えているのも原因ではないでしょうか。これまで住んでいた家を離れる時は、近隣の方に挨拶をした方がいいのですが、集合住宅などは顔見知りがほとんどいない場合もあるようです。

集合住宅の場合、旧宅でも新居でも管理人さんに引っ越しの挨拶をしておく必要があります。荷物の搬出や搬入に関して許可をもらいましょう。できるだけ早めに連絡した方が近隣の方に迷惑をかけません。

引っ越し先では、当日か翌日、遅くても1週間以内に挨拶をしておきましょう。ゴミの回収方法や回収場所なども教えてもらえます。家族で挨拶するのがマナーですが、不在の場合は無理をしなくてもいいでしょう。

ただ、引っ越しの挨拶を控えた方がいい場合もあります。特に女性の一人暮らしは物騒ですから、敢えて挨拶回りをする必要はありません。女性専用のマンションやアパートなら問題ないですが、それ以外の場合は、女性の一人暮らしを知らせない方が安全です。

引っ越しの挨拶は、転居先の環境や世帯の状況に合わせて臨機応変に考えた方が無難です。挨拶回りの代りに、メッセージカードをポストに配布する方法もあります。このときも、一人暮らしの女性はプライベートな情報を伝えない方が安心です。

.

The article was published on 28.12.2012. You can leave a comment using the form below or you can subscribe to our RSS feed.

No reply

Would you like to be the first to open the conversation?

Leave a comment